アイフルホーム 値引き

無料!アイフルホームやその他ハウスメーカーの間取りや費用を比較

 

アイフルホームは数あるローコストホームメーカのうちの1つで、業界においての販売戸数は常に上位に位置しています。

 

 

 

そのアイフルホームは特殊な形態を取っています、その形態とはフランチャイズチェーンです。

 

 

 

フランチャイズチェーンとは具体的に言うと親であるアイフルホームカンパニーが主に資材の買い付けやCM活動を行い、その他の傘下にある各工務店が顧客との打ち合わせや契約、実際の施工を行うという形態です。

 

 

 

そのため、アイフルホームで家を建てようと思った時に気をつけなければならないのが、工務店の対応やサービス内容といったものがそれぞれの工務店で様々なため、たまたま自分の近所の工務店がやる気のない工務店だったりなかなか意思疎通ができない工務店だったなどというケースがあります。

 

 

 

 

とはいっても本部はなにもしないというわけではなく、施工中はアイフルホームカンパニーに本部からの抜き打ち検査のようなものを行っているため、家を建てることに関しては手抜きなどといったことはほとんどないと言っていいでしょう。

 

 

 

ローコストメーカーとはいってもやはりいくらかの値引きは期待してしまいます、アイフルホームのようなローコストメーカーでも値引きは期待できるのでしょうか?

 

 

 

答えはYesです、アイフルホームで家を建てた方の多くは100万程度の値引きを引き出したという内容の口コミが非常に多いようです。

 

 

 

いくらローコストとはいえ、住宅購入は高額ですから、それなりの範囲で値引きは可能なようです。

 

 

 

値引き金額にしてもやはり建てる家のクラスによっても変わってくると思いますので総合的に判断することが重要です。

 

 

 

値引き交渉以前の問題として、アイフルホームの見積もりは正確性に若干欠けているといった評判もありますので、まずは実際の見積もりを正確に把握してから値引き交渉をすることをおすすめします。

 

 

 

また、ローコストメーカーにありがちなこととして、オプションを付けることで思った以上に高くなる場合もありますので、必要不必要を見極めて費用対効果の高い家を建てましょう。

 

 

値引交渉のポイントは、アイフルホームの営業マンに他のハウスメーカーと迷っているということを伝える事です。

 

 

最初から、1社だけに絞っていると思われは値引きはしてもらえません・・・。

 

 

事前に無料で下記のサイトで、その他ハウスメーカーの費用や間取りをチェックしておくことをおすすめします!

 

 

他はこれぐらいで建てれますよと営業マンに交渉できますので、値引き交渉は必須です。

 

続きを読む≫ 2014/02/24 21:55:24

アイフルホームと言えば、松下奈緒さんのCMが印象的なハウスメーカーですね。

 

 

 

そんなアイフルホームの坪単価は、40〜55万円くらいと言われています。ハウスメーカーの中では、かなり安い部類に分けることができるでしょう。

 

 

 

アイプライムセブンというシリーズに至っては、坪単価が20万円台と言われています。

 

 

 

アイフルホーム 坪単価でも詳しく説明されていますが、

 

 

 

このシリーズはインターネットで販売されているので、営業費や広告費がかかっておらずこの価格帯を実現できているそうです。

 

 

 

 

打ち合わせが細かくできないというデメリットはありますが、30坪台で700万円台くらいですから、費用面でいえばかなり魅力があるのではないでしょうか。

 

 

 

そんなアイフルホームの特徴ですが、やはり第一にローコストで購入できるということが言えるでしょう。

 

 

 

 

アイフルホームの母体はトステムで、トステムはINAXなどと共同でLIXILを立ち上げていますから、キッチンやバスなどの住宅設備についても良い品質のものを有利に購入できるでしょう。

 

 

 

そのほかの特徴としては、アイフルホームの商品はメーターモジュールを取り入れており、規格型の住宅がメインになっています。

 

 

 

つまり1から作り上げるというよりはある程度内容が決まっていて、バリエーションもあまり多くないといえます。ただし住宅設備など家の部品はLIXILに関連する商品が中心になりますから、ローコストながら各部材はしっかりしているのがポイントです。

 

 

 

ひとくちに坪単価といっても、いろいろな考え方や計算方法があります。

 

 

 

シンプルに建物のみの「建物本体価格」を坪数で割れば、かなり安い坪単価を割り出すことができます。

 

 

 

冒頭の40万〜55万というのも建物本体価格での坪単価です。しかし、例えば土地を購入して家を作るのであれば土地の費用がかかりますし、

 

 

 

地盤改良費も100万円単位でかかる可能性があります。そのほかにも太陽光発電、全館空調、タイルなどの外観コスト・・・など、建物以外でも経費がどんどん増えていきます。ひとくちに「安い」とひとくくりにせず、慎重に検討してから契約をするようにしましょう。

続きを読む≫ 2014/02/24 21:53:24

アイフルホームはLIXIL住宅研究所が運営するフランチャイズ式のハウスメーカーです。

 

 

 

母体がLIXILグループであることもあって、CMなどもしっかりとした全国的にも知名度のあるメーカーです。

 

 

 

価格・品質などから考えて全体的には中堅ハウスメーカーといった位置づけになります。坪単価は40万円台からが多く、母体の安心感もあり設備もLIXILグループの恩恵を受けていますので自分にあった住宅のプランが見つかれば大変魅力的でもあります。

 

 

 

本来ハウスメーカーは地元の工務店と異なり、

 

 

 

品質や基準がはっきりと定められていることで全国どこでもある一定水準の家が手に入ることが最大のメリットと言えます。当然、アイフルホームもその一角を担っています。

 

 

 

ですが現実は少し違うようです。決してアイフルホームの品質が悪いというわけではないのですが、地域によって評判が大きく異なるのです。私自身が不動産の営業をしており、転勤も多いことから色々と口コミを見聞きして感じたことです。

 

 

 

よく言われるのは、現場の作業員の態度がよくないことです。これはやはりフランチャイズの会社にありがちな「教育の不徹底」に原因があるようです。

 

 

 

 

一方で、別の地域にいけば作業員が大変優秀で作業の出来だけでなく、周囲や建築主への気遣いが凄いと言う評判を聞いたこともあります。ハウスメーカーにおいては多少地域格差はあるものの、その落差は大きいです。

 

 

 

このことをお客様からの口コミや営業スタッフの対応などから察すると、一つの結論が導きだされました。

 

 

 

それは「教育が行き届いていない」というよりは、「優秀な工務店の出来が素晴らしすぎることにより地域間の格差が目立ってしまっている」ということです。

 

 

 

本来地元の工務店は地域内でも勝ち組と負け組がはっきりと別れています。それは現場の作業員の意識にも表れています。

 

 

 

以前であれば勝ち組の工務店は地元の評判だけで商売ができましたが、現在においては強い商品力としっかりとした経営方針が必要になっています。そのためフランチャイズに加入をして戦力を手に入れていると考えられます。

 

 

 

そしてアイフルホームは母体がしっかりしており、商品力もあるため勝ち組の工務店を取りこんでいるのです。ですが全国で見れば負け組の工務店が看板を背負っている場合もあります。

 

 

 

これらのことが相まって、大きな地域格差を作っていると考えられます。

 

 

 

ですので、アイフルホームを検討される際は、展示場や建築現場を見て回ると良いと思います。

続きを読む≫ 2014/02/24 21:51:24

ローコストのハウスメーカーは数々あれど、アイフルホームはこういったローコストのメーカーの中でも最大規模を誇るフランチャイズチェーンを持つ住宅メーカーです。

 

 

 

なんとその数約250という多大な工務店が加入しています、その販売戸数も年間で約5000棟以上で、木造住宅メーカーでは常に上位に位置しています。

 

 

 

アイフルホームの特徴はまず安さにあります、その中でもインターネットから注文可能なアイプライムセブンはその坪単価がなんと20万〜という安さです、

 

 

 

これにはほとんどの人が驚きを隠せませんでした。

 

 

 

アイプライムセブンがこれほど格安な訳は、営業経費や広告宣伝費を抑えたことにほかなりません。

 

 

 

とはいってもアイプライムのデメリットは詳細な打ち合わせなどがなかなかできないため、建てた後にどうなるかといった怖さはちょっと残ります。

 

 

 

アイフルホームの評判としては、実際のところクレームの件数は少なくないようです。

 

 

 

安さゆえなにかしら欠陥があっては本末転倒です、実際のところはどうなのでしょうか?

 

 

 

アイフルホームは前述のとおりたくさんの工務店で構成されたフランチェイズチェーンのため実際のところその工務店単位で対応に違いが出る場合が多いようです。

 

 

 

全てのチェーン店が同じようなサービスであればいいのですが、どうしてもその工務店の社員教育や方針が違うため、それぞれ個性があるようです。

 

 

 

やはり家は一生の買い物です、できるだけいいお付き合いができる工務店さんに出会いたいものです、できるだけ何社か周るような手間はかけるべきでしょう。

 

 

 

フランチャイズチェーンであることのメリットとしては、ほとんどのハウスメーカーは実際の仕事を下請けの工務店に依託していますので、

 

 

 

その工務店に払う金額とハウスメーカーに払う分としてマージンが発生します、

 

 

 

 

その点フランチャイズ契約の場合は逆に集客や研究開発にかかる費用として工務店がフランチャイズ契約料を払いますが、ハウスメーカーへのマージンに比べると安いため、価格的には有利になるというわけです。

続きを読む≫ 2014/02/24 21:49:24

アイフルホームは、日本国内でフランチャイズ展開をメインとするハウスメーカーです。

 

 

 

最近ではLIXILのグループ企業としてCMをするなど、一層注目されるメーカーのひとつです。

 

 

 

その魅力の一つは、何と言っても価格帯にあります。ハウスメーカーで一番安いというわけではありませんが、基本的な仕様であれば坪単価40〜50万円程度です。これは全国展開をしているハウスメーカーとしては安い部類です。

 

 

 

ですがただ安いだけではハウスメーカーとしては不十分です。何十年と生活をするわけですから、ある程度の質が必要です。

 

 

 

 

その中で言えば、アイフルホームはLIXILのグループのメーカーですのでサッシなど含め利点は多いです。

 

 

 

LIXILと言えば住宅設備関係のトップメーカーの一つですから、その品質は十分だといえます。

 

 

 

では、なぜこの金額が実現できるのでしょうか。それはまずLIXILグループということで設備関係の調達がしやすいことと、ある程度の資材は大量に発注して用意することで単価を下げているのです。

 

 

 

またフランチャイズ展開していることで、従来かかる人件費や運営費を抑えているのも理由の一つと言えます。

 

 

 

人件費を抑えると金額はかなり安くできるようです。実際に、今はインターネットで既成プランの住宅を販売していて、その金額は700万円からとなっています。

 

 

 

しかし、同時に注意しないといけない点もあります。

 

 

 

金額だけを見れば、ネット注文の家は一番魅力的ですが、決まり決まったプランで家を販売しているだけでマイホームを建てる喜びの一つである「間取りを考える」ことに制限があるのです。

 

 

 

それぞれのライフスタイルや考え方がありますので、否定するほどのことでもありませんが注意して進める必要があります。

 

 

 

またフランチャイズで展開しているため地域によってスタッフの対応に差があることも無視できない問題です。ですので金額、品質はオススメですが、こちらも要注意の内容になります。

 

 

 

以上の点から総合的に考えた時に一部注意は必要ですが、今後に期待の魅力に溢れるハウスメーカーです。

続きを読む≫ 2014/02/24 21:47:24